採用管理を行う方法を解説します

ここ最近、景気が上向いたと言われていますが、労働市場においては非常に厳しい状況が続いており、非正規社員の雇用は安定しているものの、正社員の確保には各会社とも非常に苦労しているのが実情です。そのような現状を打破するために、会社においては有益な人材を確保するために、採用管理の強化を目指し、様々な工夫がなされています。中でも、採用業務については、年々、競合他社との競争が激しくなっていることから、システムの導入による効率化・迅速化は当然として、より効果的な採用、選考方法を模索しているのが実態です。特に、社員を採用した後の検証や採用方針の見直しは、これまであまり対策がなされていない部分であり、言い替えればここが対策できれば、他社に大きな差をつけることができるとして、各会社とも力を注いでいるのが現状です。

効果的な採用業務の具体的な方法について

採用業務を行う上で、最初に行わなければならないのが、求人の募集になります。募集に際しては、要員が不足している部署から、求められる人材、人数を求め募集広告を作成します。最近では、ハローワークだけではなく、タウン誌や求人サイトなど、広告を出稿する媒体も多岐にわたりますから、それぞれの媒体に適合し、かつ競合他社との差別化が図る内容が求められます。続いて、応募者の管理になりますが、広告を出稿した媒体ごとに応募者の基礎データを入力し、応募者に対する通知、選考状況、合否、内定通知の発出状況を一元管理していきます。最近ではクラウド上で、データ管理を行う会社が増えていますが、特に内定通知の発出については、漏れがあってはならないことは当然として、競合他社に遅れることで、優秀な人材を逃してしまうこともありますので細心の注意が必要です。

採用管理の課題と今後の方向性について

募集から内定通知までをクラウド上で管理し、採用業務の迅速化を図ることは、多くの企業で導入されていますが、さらに一歩踏み込んで、業績管理と連携させる方法が注目を集めています。採用管理の目的は、採用するだけでなく優秀な人材を確保することです。しかしながら、これまでは個々にデータを管理しても連動させるためのシステムがありませんでしたから、自社の採用方針や選考基準、さらには面接担当官のスキルの向上について検証や改善がなされてきませんでした。採用管理システムを導入することにより、クラウド上で募集から採用までのデータを一元管理することが可能となり、さらに、面接担当官や入社後の業績を加えることも簡単になりました。その結果、様々なデータ分析を行い、PDCAサイクルに基づいた採用方針の策定、選考基準の確立することとなり、優秀な人材の確保に大きな成果をあげているのです。