採用管理を行う上で気をつけたいことや注意すべきポイント

採用業務は、まず応募をかけて、応募を受け付けて、面接を行い、選考し、内定に至るまで行うべき業務が固定化されていますが、プロセスに応じて行うべき細かい業務が多く、たくさんの応募してくれた方への対応することが必要になるので、人件費も膨らむことになります。近頃は、採用に必要な業務の能率を上げて、優れた人材を確保するために採用管理システムに関心が高まっています。しかし、便利だからといって、ちゃんとポイントを押さえて準備をしておかないと、かえって業務が煩雑になる可能性があります。例えば管理機能にメンテナンスを加えるかどうかというポイントについての検討が充分でなかった場合に、表計算ソフトで作成したデータと併用しなければならない事態に陥り、かえって業務が大変になるので注意する必要があります。

システムを導入するのにあたっての様々な注意するべきポイント

システムを導入して効率的な採用管理を行おうとしても、どんな既存の社内のシステムと連携をしておく必要があるかというポイントを押さえておかないと、例えば社内のカレンダーと連携するのを忘れて、面接を行う日がバッティングしてしまうなどといったトラブルが発生する可能性があるので注する必要があります。また、導入費用について将来の動向を見据えて見積もりをとるというポイントを押さえておかないと、採用人数の規模が大きくなったときに、予想していた以上のコストが発生することになってしまうため注意する必要があります。また、システムを導入するためには充分に日程に余裕がある計画を立てるというポイントを押さえておかないと新卒者の採用を受け付けるのに間に合わず、自分の会社に合うかどうか分からないシステムを導入してしまう可能性があるので注意する必要があります。

システムの持つ機能を把握しておく必要性

採用管理システムは、中途入社の方を採用するのに向いているシステムと、新卒者を採用するのに向いているシステムがあるというポイントを押さえておかないと、自分の会社の採用したい人材に合っていないシステムを導入してしまうと、採用業務を効率化させる効果をあまり感じられないことになってしまうので注意をする必要があります。また、前もって操作しやすいシステムかどうかというポイントを押さえておかないと、システムの操作が難しすぎて、使いこなせるようになるまでに手間取ってしまう可能性があるので注意する必要があります。採用に関する情報を分析する機能を充分に活用するというポイントを押さえておかないと、採用の業務フローの改善に結びつかず、費用に応じた効果が得られない可能性があるため注意する必要があります。