採用管理を行うことの重要性やメリット

少子高齢化の問題が、新聞やテレビなどで再三取り上げられていますが、年々その深刻度が増しています。多くの企業で定年の延長や中途採用枠の拡大を検討していますが、それだけでは要員の不足は解消できず、労働人口の減少とともに、人材確保においても競合他社との競争が激しくなっています。こういった現状において、各企業における採用管理は、今まで以上に重要度を増しています。とりわけ、自社における採用方針の確立と採用事務の迅速化は、非常に重要な課題であり、この部分に遅れが生じると、競合他社に優秀な人材が流れてしまう事態にもなりかねません。そこで、各企業においては、人材の募集から採用、採用後の業績などをシステム化し、業務の効率化と優秀な人材の確保に活用しています。

採用業務の課題とシステム化について

採用に係る事務は非常に多岐にわたり、求人広告の作成・出稿、応募者のデータ管理、応募者に対する通知、選考状況の把握、内定通知の発出管理などがあげられます。従来、これらの業務は、それぞれに労力が必要であるため、複数の担当者が分担して行っているのが一般的であり、個々の担当者がエクセルなどでデータの管理は行うものの、体系化されていませんから、検証や分析を行うことができないままでした。採用業務のシステム化は、個々で管理していたデータをクラウド上に集積することで一元化を図り、データの分析をはじめ、内定通知などの発送漏れを目的としています。さらには、データを集積することにより、これまでは関連データの引き継ぎや検索にかかっていた業務の効率化も図ることができます。

採用管理システムの重要性とメリット

採用管理をシステム化することで、まず、採用業務に係る労力が大幅に低減できますから、採用コストの削減につなげることができます。企業にとって、採用事務はとても重要なものですが、非現業部門に必要以上のコストがかかるのは得策ではありません。そういった点では非常に大きなメリットであると言えます。応募者に対する内定通知を迅速に発出できる、また、発出漏れを防ぐことができることも大きなメリットです。応募者の多くが、競合他社にも応募している可能性が高く、多少、労働条件に見劣りがしても、内定通知が早ければ、そちらの会社に入社する可能性が極めて高くなります。そういった点でも、採用事務全体の迅速化は至上命題であり、システム化することによって克服することができます。この他にも、入社後の業績などと紐付することにより、採用方針の課題を分析、見直しを行うことができますから、長期的な採用戦略に活かすなど、採用管理のシステム化は会社に大きなメリットをもたらすとして、今後、ますます注目が集まることが予測されています。