まずは採用管理とは何のことかを説明します

各企業において、経営戦略とともに重要視されているのが採用管理になります。いくら、業務のシステム化が進んでも、それらを使用するのは人ですから、優秀な人材の確保は、会社の経営に深く関わってくるのです。さて、その内容は第一に職場に必要な人材と人数を算出し、数年先を見据えた雇用計画の策定、第二に適材適所に人材を配置するための採用基準の確立、第三に求人の募集、選考といった採用業務に分けられますが、優秀な人材を確実に確保するためには、個々に独立するのではなく、しっかりと連動させることが不可欠であり、PDCAサイクルの実践が重要です。最近では、これらを連動させるために、人事管理データとともにシステム化を図る企業も数多く出てきており、今後、ますます注目が集まることが予想されます。

採用管理の具体的な内容と課題について

採用を管理する上で、最大の課題は優秀な人材を適材適所に配置し、業績に寄与することです。そのためには、部署ごとに必要な人材や人数を長期的に算出することから始めます。ここが固まれば、それに基づいて、採用方針・選考基準を作成します。その後、実際に求人の募集、選考、採用を行っていきますが、一番の課題は、それぞれの段階におけるデータが一元管理されていないことです。具体的な事例としては、どういった経路で応募してきた社員の合格率が高いのか、また、入社後、期待どおりの業績をあげているかが把握できていないため、会社の作成した採用基準や選考方法について、検証、改善がなされていないということです。また、採用事務において、担当者が個々にデータを管理していたため、内定通知の発出遅れや発出漏れが頻繁に生じているといったことも大きな問題です。

採用管理システムを構築することによるメリット

こういったため、課題を解決するために、採用業務をシステム化し、入社後の社員の業績をリンクさせ、採用方針や選考基準の見直しに活用しようとする企業が増えています。具体的には、クラウド上に応募者の基礎データ、応募してきた媒体、応募者に対する通知、選考状況、合否、内定通知の発出といったデータを集積することによって、各担当者がいつでも関連データを確認することを可能とします。このことによって、内定通知の発出漏れといった事務ミスはなくなります。さらに、入社後の業績等を加えることによって、採用方針や選考基準における課題が浮き彫りになりますから、必要な見直しを図り、より効率的に優秀な人材を確保することができます。現在では、こういったシステムを専門的に構築している会社も増えており、各企業の実情に応じたカスタマイズも可能となっており、ますますシステム化が広がることが予想されています。

導入社数No.1 各業界のトップ企業様が多数導入。カスタマイズ性に富むだけでなく、あらゆるSEO(検索エンジン最適化)施策も適用していますので、求人媒体以外での新たな母集団形成につなげることができます。"採用ホームページはPC、スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)の3デバイスに対応。 自社採用サイトの応募者数増!人材採用コストを低減!優良人材の定着率アップへ 採用管理システムの見直しをするなら【リクオプ】